3月22日のニュース記事『平均月額使用料金は1万円!?格安SIM「UQ mobile」の使用結果(16ヶ月分)。』では、格安SIM×2(UQ mobile)の16ヶ月間の平均月額利用料金について公開いたしました。平均月額利用料金としては「約1万円(税込)」ということをお知らせしたのですが、同日にあらたに契約したauとの契約内容との比較を以下のとおり行いました。(auについては細かなプラン名などを記載しておりますが、UQ mobileの細かなプラン名やベース金額については割愛しており総額での比較としています。)
 

  格安SIM×2(UQ mobile) auフラットプラン20(au)
通話プラン 従量制 24時間かけ放題(4,298円)
データプラン 3GB×2 20GB(5,097円)
追加データプラン 100MB(216円)
500MB(540円)
0.5GB(594円)
1GB(1,080円)
テザリング データプランに含まれる オプション(540円)
LTE データプランに含まれる インターネット接続利用料として(316円)
その他 特になし 2年契約誰でも割(-1,620円)
24ヶ月適用
ビックニュースキャンペーン(-1,080円)

※12ヶ月適用
合計(単月比較) 10,042円
7,551円(当初12ヶ月)
8,631円(ビックニュースキャンペーン終了後)

※表示は全て税込。
 
今回のauとの契約では懸念であった通話料金を抑える為に「カケホ」プラン(※国内通話は24時間かけ放題)を選択しました。加えてこれまでは追加のデータ購入も毎月のように発生しておりましたので最初から「20GB」のプランで契約を進めました。
 
その他、オプションとしてインターネット利用とテザリング利用に関する諸費用が発生するようです。
 
追加データの購入金額を比較すると1GB購入時の金額は「1,080円」で同等のようです。
 
また、auとの新規契約では2つの割引対象サービスが存在しました。
そのため、当初12ヶ月間は総額から「2,700円」の割引、その後の12ヶ月間は「1,620円」が割り引かれるようです。
 
尚、割引が発生していない場合の総額は「10,251円」となりますので、その場合には格安SIM(UQ mobile)利用時を「209円」上回る事が分かりました。
 
最後に24ヶ月の利用金額で比較してみます。
 

241,008円(UQ mobile) 194,184円(au)

※表示は全て税込。
 
24ヶ月で見てみると「46,824円」の差額が発生しているようです。私のように通話やデータ通信が多いケースでは大手通信キャリア(ここではau)を利用した場合に格安SIM提供事業者(ここではUQ mobile一社検証)を利用するよりも24ヶ月間の利用料総額で「80.57%」の出費に留める事ができそうです。
 
あくまでも1サンプルとなりますがご参考になりましたら。
 

追伸
3月22日のニュース記事『「UQ mobile」から「au」へMNPを実行しました。』で今後の継続について検討をしていたUQ mobileのデータ通信SIMですが、本金額比較を経て契約の終了と一旦結論付けました。今後も格安SIMの活用については契約中の「0 sim」を含めて最適な方法の検討を行っていきたいと思います。

この記事を書いた人
沼田大輔/ディレクター/1977年東京都生まれ。
東洋美術学校卒業後の2000年からデザイナーとしての仕事をスタートし、現在では、企画からデザイン、ディレクション、マーケティング、システム設計に至るまで幅広い領域に対応しています。趣味は考え事。最近はSIMと音声検索に凝っています。

ログインする

詳細をお忘れですか?