スナック キズツキ
©『スナック キズツキ』製作委員会

 
とある街の路地裏に、ポツリと灯る「スナック キズツキ」のネオンサイン。そこは、傷ついた人だけがたどりつけるという風変わりなスナック。客を迎えるのは、これまたちょっと変わった店主のトウコ。店にはアルコールはなく、かわりに迎えるのは、温かい飲みものと、おいしい手料理、そしてトウコのさり気ないもてなし。今日もまた、傷ついた者が一人夜の街を彷徨い、ふらり誘われるように「スナック キズツキ」の扉を開くーー。

益田ミリの同名人気コミックを連続ドラマ化したテレビ東京の「スナック キズツキ」。主人公の「スナック キズツキ」店主・トウコ役を演じるのは、テレビ東京初主演となる原田知世。どこか不思議な雰囲気を持つスナックのママに扮し、時に歌を歌い、楽器を演奏し、料理を振る舞い、傷ついたお客の心をふわりと優しく癒していきます。また「スナック キズツキ」のお客役には、毎話回替わりでゲストが登場。トウコと共に歌い、踊り、日々のもやもやを吹き飛ばしていく、個性豊かな俳優たちの演技に注目です。

この企画では、キャストのリアル質問リレーを敢行!キャストのインタビューと、次のゲストにリアル質問を投げかけ、その本音に迫ります。今回は、第11話ゲスト・浜野謙太さんにインタビュー!第10話ゲスト・八嶋智人さんからの質問への回答とは?そして、主役のトウコを演じた原田知世さんへの気になる質問とはーー。
 
■浜野謙太さんゲスト第11話:あらすじ&みどころ

こぐま屋(浜野謙太)は酒屋で宅配のアルバイトをするフリーター。「スナック キズツキ」には配達で度々訪れ、店主のトウコ(原田知世)とも顔なじみ。実は彼にはお笑い芸人になりたいという夢があり、脱サラして現在は芸人養成所で修業の身。しかしネタは全く受けず、相方からはコンビ解消を告げられてしまう。失意のなか路地裏を歩いていると、いつしか「スナック キズツキ」に辿り着く。初めて客として店で過ごし、トウコに打ち明け話をするうちに、こぐま屋は不思議と背中を押されーー。


©『スナック キズツキ』製作委員会

 
■第11話メインゲスト:浜野謙太さんインタビュー

——台本を読んだ感想をお聞かせください。
すごく面白かったです!あっという間に読んでしまい、読み応えがありました。想像できる幅が広く、いろいろ考えさせてくれる素敵な台本でした。

——今回演じたこぐま屋について、どんな印象を持ちましたか?役作りはどのようにされたのでしょう。
こういう役を演じてみたいと思っていました。あからさまにオモシロなことを言うわけでもなく、オチもない、でも居場所がある感じ。いわゆる業者なので元気に話すわけですが、「スナック キズツキ」マスターのトウコにある種受け入れられているのなら不躾な大声ではないだろうなと思い、ボリュームには気を付けました。あと酒屋なので筋肉質でなければと思い、筋肉に固執してジムに通っていました。


©『スナック キズツキ』製作委員会

 
——原田知世さんと共演した感想をお聞かせください。
大スターである原田さんとご一緒する緊張感はもちろんあるわけですが、リラックスさせてくれるというか、ふにゃ〜とさせてくれます。原田さんの温かく柔らかい雰囲気に包んでもらいながらベラベラ喋る、幸せな時間でした。撮影の合間もベラベラ話しかけてしまいました。本当にすみません。でも楽しくお話させていただきました。

——現場の雰囲気はいかがでしたか?心に残るエピソードがありましたらお聞かせください。
11話で原田さんと漫才をするシーンがあって、その出来栄えをみんなに観てもらったところ、原田さんが可愛すぎたのと、プロデューサー陣が原田さんを好きすぎて「もっとこうしたほうがいい」「あ、そうするのもいい」「そっちのパターンも捨てがたい」など監督を差し置いて演出をはじめてしまい、収拾がつかなくなったというかわいい珍事がありました。みんながトウコという存在を大事に大事にしている感じがあって、多幸感ある現場でした。


©『スナック キズツキ』製作委員会

 
——毎話様々な悩みを抱える人たちが「スナック キズツキ」を訪れます。なかでも浜野さんがぐっときたエピソードをお聞かせください。
小関裕太さんの回は本当に素敵でした。なんだか悲しかったし、詩の朗読で救われる感じがリアルだったし、玉子焼きを頬張る姿は目に焼き付いています。

——「スナック キズツキ」を訪れた人々は、トウコと一緒に歌を歌ったり、手料理を食べて癒されます。もし浜野さんが「スナック キズツキ」を訪れたとしたら、トウコにリクエストしたい料理は?どんな時間を過ごしたいですか?
おにぎりを頼んだらなんかすっごい美味しいのが出てきそうだし、おにぎりに一番合う味噌汁を作ってくれそう。そして、一緒にダンスをして動画をSNSに上げたいです。

——心がちょっと疲れたなというとき、行きたくなる場所はありますか?浜野さんにとっての「スナック キズツキ」はどこですか?
最寄駅の駅前の路地を入ったところに(笑)、白髪のマスターが一人でやっているバーがあって、木造りの狭い店内にちょうどいい音量で古めのジャズがかかってる。そこで一杯やります。たいてい常連さんと話し込んでしまうのですが(笑)


©『スナック キズツキ』製作委員会

 
——傷ついたり落ち込んだとき、浜野さんのリカバリー法は?
その気持ちで曲をつくる、寝る、我が子を甘やかす。

——傷ついたり落ち込んでいたとき、誰かにしてもらったことでうれしかったことはありますか?
共演の俳優さん3人が家まで来て、お土産だけ届けて上がらず帰って行ったことがあって。おそらく3人でご飯を食べに行く前に寄ってくれたのだと思うけど、すごくうれしかった。カッコ良かったです。

——出演話の「みどころ」と、読者へメッセージをお願いします。
原田さんと漫才を頑張りました。頑張ったものの、面白くなっているかはわかりません。でも、原田さんの「なんでやねん!」には心臓を鷲掴みにされると思うので観てください!


©『スナック キズツキ』製作委員会

 

八嶋智人さんからのリアル質問への回答は…

Q:八嶋智人さん「浜野謙太さん、顔がむくみやすい、童顔なのに毛深いと気にされていましたね。なぜそんなに見た目を気にされるんですか(笑)? 最近遂に脱毛サロンへ行ったと聞きましたが、上手くいきましたか?」

A:浜野謙太さん「八嶋さんは勘違いされているようですが、自分は基本的にイケメン枠だと思っています。イケメン俳優に求められることを要求されてもすぐ応えられるようにしておく。それがストイックな俳優、いやアーティストの務めなのです。今頬の脱毛をしていて、着実に照射してもらっているのですが、一向にキレイになりません。毛のせいではないのでしょうか。私の頬は何なのでしょうか」

浜野謙太さんから
原田知世さんへのリアル質問〜♪

浜野謙太さん「原田知世さん、現場で音楽活動の話をさせていただきました。トウコのセリフは現場のみんな“歌”として聴いていたと思いますが、原田さんが「歌いたいなー」と思う時はどんな時ですか?作曲、もしくは作詞したいなー、と思う時はありますか?それはどんな時ですか?」

▷浜野謙太さんの回答は
12/24更新で♪

番組概要
スナック キズツキ
©『スナック キズツキ』製作委員会

 
番組名
ドラマ24『スナック キズツキ』

放送日時
2021年12月17日(金)深夜0時52分

放送局
テレビ東京、テレビ大阪、テレビ愛知、テレビせとうち、テレビ北海道、TVQ 九州放送
※テレビ大阪は毎週月曜深夜1時から放送

主演
原田知世

出演
浜野謙太、ほか

オープニングテーマ
清 竜人「コンサートホール」(ソニー・ミュージックレーベルズ)

エンディングテーマ
森山直太朗「それは白くて柔らかい」(UNIVERSAL MUSIC)

監督
筧昌也、湯浅弘章

脚本
佐藤久美子、今西祐子

チーフプロデューサー
阿部真士(テレビ東京)

プロデューサー
濱谷晃一(テレビ東京)、井上竜太(ホリプロ)、奥村麻美子(ホリプロ)

制作
テレビ東京・ホリプロ

製作著作
『スナック キズツキ』製作委員会

ドラマ24『スナック キズツキ』(番組公式ページ)
ドラマ24『スナック キズツキ』(番組公式Twitter)(@kizutsuki_tx)
ドラマ24『スナック キズツキ』(番組公式Instagram)(kizutsuki_tx)

ログインする

詳細をお忘れですか?