7,600万人以上が利用するLINE

 いまや生活で欠かせないアプリのひとつ「LINE」
国内月間アクティブユーザー率7,600万人以上とものすごい利用者数です。
そんなLINEで一般的な使い方は、もちろんメッセージのやりとりです。
1対1や複数人(グループ)で簡単にメッセージのやりとりができます。
また、「LINE通話」は通話料が無料※なので、気軽に利用されています。
※LINE通話は、通話代は無料ですが、データ通信量はかかります。
あとは、「スタンプ」の利用も一般的です。
それ以上に、できることってあるの?と思った方。
じつはメッセージのやりとり画面にある個別のメッセージを長押しすると、
便利機能が表示されるのをご存知でしょうか。

長押しに隠された便利機能っていったい!?

 まずは、メッセージを「長押し」してみましょう。
すると、こんな画面が表示されます。


メッセージを長押しすると

 
じつは、この項目が隠された便利機能なのです。
それぞれの利用方法をご紹介していきますね。
1.コピー
これは、言葉のまま「コピー」です。
長押ししているメッセージの内容をすべてコピーできます。
2.Keepに保存
Keepは、LINEで受信したデータ(メッセージや写真、動画など)をLINE上で保存できるストレージ機能。
合計1GBまでのデータは、無期限で保存できます。
1ファイルが50MBを超える場合は保存期間が30日間に制限されます。
お気に入りのメッセージや写真などをKeepしておくと、あとから簡単に見ることができます。
※一部、LINE以外のデータをKeepに保存できます。
3.削除
自分のトーク画面から送信したメッセージを削除できます。
自分のトーク画面を整理できるだけなので、相手側のトーク画面から送信したメッセージが消えるということではありません。
もし、間違って送信した場合は「4.送信取消」を行います。
4.送信取消
間違って送ってしまったメッセージやスタンプは、メッセージが未読か既読に関わらず、24時間までならメッセージの取消しができます。
間違えて送っても、あわてずに「取消機能」を使えば安心です。
ただし、スマートフォン本体の通知表示は取消すことができないので、ご注意を。


送信取消しても「メッセージは」お互いの画面に表示される

 
5.リプライ
対象のメッセージに対して、返信するときに使います。
例えば、複数人でやりとりしているときなどに、
どのメッセージに対しての返信かわかりやすくすることができますので、使ってみると便利です。


どのメッセージへの返信かがわかりやすい!

 
6.転送
同じメッセージを他の人にLINE上で転送したいときに使います。
7.アナウンス
トーク画面の上段にメッセージを固定できます。
例えば、約束したお店の情報などを固定しておけば、トーク内を探すことなく簡単にアクセスできます。


「アナウンス」設定すると上段に表示される

 


「アナウンス」を消すときは、「今後は表示しない」をタップ

 
いかがでしたか?
じつは、あったら便利な機能ばかりが「長押し」には隠れていたのです。
ぜひお試しください!

このアプリは「恋するスマホ」第3回目放送で掲載されました。
FM NACK5(埼玉・79.5MHz)の「恋するスマホ」(毎週火曜26:40-26:50)では便利なアプリやサービスを紹介しています。
恋するスマホツイッターで最新情報をぜひチェックしてみてください!
この記事を書いた人
ウィルメディア編集部
<ご案内>
各種試写会や取材のご依頼がありましたら、お気軽にお問い合わせください。
こちらでご紹介させていただきます。

ログインする

詳細をお忘れですか?