ショートメッセージとは

ガラケーのときはショートメッセージを使っていたけど、
スマホになって使わなくなった人も多いのでは?
ショートメッセージはキャリアによって呼称が違い、
docomoはショートメッセージサービス、auはCメール、SoftBankはSMSとしてサービスを提供していました。
(以降、本記事では「SMS」と記載)
SMS(ショートメッセージサービス)とは相手の携帯電話番号を指定して文字メッセージを送る仕組みで、
携帯電話同士で短い文字メッセージが送受信できるサービスでした。
SMSとeメールは、何が違うのか?
最大の違いはアドレスです。
・eメールはメールアドレスを宛先にして文字や画像などを送受信する。
・SMSは携帯電話番号を宛先にして文字メッセージを送受信する。
ただ、ここでひとつ大きな問題がありました。
そう、以前は同じ携帯電話会社同士しかSMSは送れなかったのです。
そこで登場したのが「+メッセージ(プラスメッセージ)」です。

+メッセージ(プラスメッセージ)とは

2018年より携帯3社(ドコモ、au、SoftBank)間でSMSの機能を進化させた新サービス「+メッセージ」が始まりました。
これにより、写真や動画、スタンプも送れ、グループメッセージも楽しめるようになりました。
(LINEのようなサービスですね)
スマホでは、連絡手段としてSNSが当たり前のように使われていますが
ID・パスワードなどアカウント登録が必要です。
しかし「+メッセージ」は、携帯電話番号さえあれば始められます。
そんな「+メッセージ」のユーザーは、今や1,000万人を突破!
【SMSと+メッセージの機能比較】

項目 SMS +メッセージ
最大文字数
全角670文字/1通
※他社携帯電話宛は全角70文字/1通
全角2,730文字/1通
写真・動画 ×
ファイル添付 ×
グループメッセージ ×
既読・未読確認 ×
料金 送信料金
3~30円/1通
※文字数によって異なります。
※受信料は無料
パケット代
※初回認証後はWi-Fi利用可

※注意点
相手が「+メッセージ」アプリを利用していないと「+メッセージ」で画像、スタンプなどが送れません。
その場合、「+メッセージ」アプリでSMSの送受信となるため、送信料がかかります。(受信料は無料)
上記、機能比較を参照ください。


アイコンがついていない人には、通常のSMSとなる

 

「+メッセージ」でメッセージを送ってみよう

それでは、最後に、アプリの使い方を紹介します。
さきほどの注意点を、改めて確認。
・+メッセージアイコンがある人
 →「+メッセージ」として、画像、スタンプなどが送れる。
・+メッセージアイコンがない人
 →SMS送信となる。
【メッセージの送り方】
1.送信したい相手をタップ


アイコンがある人に送れる

 
2.「メッセージ」をタップ


赤枠内をタップ

 
3.メッセージなどを入力し、送信する


写真やスタンプも選べる

 
※参考
「+メッセージ」が送れない場合は、メッセージしか入力できない


画像などを送れるボタンが表示されない

 
—————————
日本では、スマホを購入する際、厳密な本人確認をして購入するため、SMSが本人確認としても使われています。
また、電話番号しか知らない相手の場合、ショートメッセージは有効な連絡手段です。
アプリになって、さらに便利になっているSMS。
改めて、チェックしてみるのもいいかもしれません。

このアプリは「恋するスマホ」で紹介される予定です。
FM NACK5(埼玉・79.5MHz)の「恋するスマホ」(毎週火曜26:40-26:50)では便利なアプリやサービスを紹介しています。
恋するスマホツイッターで最新情報をぜひチェックしてみてください!
この記事を書いた人
ウィルメディア編集部
<ご案内>
各種試写会や取材のご依頼がありましたら、お気軽にお問い合わせください。
こちらでご紹介させていただきます。

ログインする

詳細をお忘れですか?