© Belvedere, Wien

柄本佑が日本語ナレーションを担当


© Belvedere, Wien, Photo: Johannes Stoll

 
19世紀末ウィーンを代表する画家、グスタフ・クリムトとエゴン・シーレ。人間の不安や孤独や恐れを、世紀末的官能性のなかで描いたその作風は、今も色褪せることなく輝きを放ち、人々の心をとらえ続けている。
本作『クリムト エゴン・シーレとウィーン黄金時代』は、その没後100年となる2018年に製作された注目の美術ドキュメンタリー。豊富な映像資料で、クリムトとシーレが生きた19世紀末ウィーンに花開いたサロン文化と、彼らの愛と官能性に満ちた絵画をつまびらかに見せつける。その精密な絵画の世界は、我々見るものを、いつしかウィーンの世紀末にいざなってゆく。
本作はまた、4月23日より7月10日まで、東京都美術館にて開催される「クリムト展 ウィーンと日本1900」の特別タイアップ企画でもあり、映画と展覧会を併せて楽しむこともできる。さらに日本語ナレーションを俳優の柄本佑が担当。公開決定のリリースに合わせ、海外ドキュメンタリー映画のナレーションは初めてとなる柄本が、その興奮を感想として寄せた。

日本語ナレーション:柄本佑 コメント

この作品に携わって油絵とか描いてみたくなったというか、
ある種の制作欲みたいなものが沸いてきました。
いい絵を知り、壮大な音楽を聴き、芝居のいい言葉を知る。
この映画では知らないことを知るチャンスに出会えると思います。
知らない世界を贅沢に味わえる機会なのでぜひご覧ください。
余談ですが、クリムトの『接吻』はTシャツを持ってるくらい好きです!

グスタフ・クリムトとは?


©Archiv des Belvedere, Wien, Nachlass Ankwicz-Kleehoven

 
世紀末ウィーンを代表する画家。ウィーンの工芸美術学校に学ぶ。初期にはアカデミックな作風で才能を認められ、劇場の壁画装飾などで名を馳せる。1897年に保守的なウィーンの画壇から離脱し、「ウィーン分離派」を結成。自ら初代会長として分離派会館を中心に多くの展覧会を開催しながら、新しい造形表現を追求した。同世代の芸術家らと共に、絵画、彫刻、建築、工芸の融合を目指す総合芸術を志向する。エゴン・シーレら次世代の画家達にも多大な影響を与えた。

映画情報
映画『クリムト エゴン・シーレとウィーン黄金時代』
6月より、シネスイッチ銀座ほかにて全国順次公開!
タイトル
『クリムト エゴン・シーレとウィーン黄金時代』
英語題
KLIMT & SCHIELE EROS AND PSYCHE
出演
ロレンツォ・リケルミー、リリー・コール
監督
ミシェル・マリー
『クリムト展 ウィーンと日本1900』 東京都美術館で開催!(4月23日~7月10日)
クリムト展公式サイト
※この記事はauテレビでも掲載されました。
http://sp.tvez.jp/(スマートフォン向けサイトです)
この記事を書いた人
栗林 勝/編集者/1970年東京都生まれ。
専修大学英文科を卒業後、20年ほどアダルト・サブカル系出版社で、雑誌・書籍・ウェブ編集を経験。広く、浅く、安く、をモットーにうす〜く生きている。
<ご案内>
各種試写会や取材のご依頼がありましたら、お気軽にお問い合わせください。
このブログコーナーでご紹介させていただきます。

ログインする

詳細をお忘れですか?